1. >
  2. >
  3. >
  4. スフィンクスの特徴

スフィンクスの特徴

スフィンクスの見た目や性格の特徴

カナダ原産で、無毛な点が最も大きな特徴となっている猫がスフィンクスです。
無毛の猫ですが、先天性疾患によるものではなく、突然変異で生まれたものと言われています。

ただ無毛と思われているスフィンクスですが、実際には体全体ににうっすら産毛のような毛が生えています。
また、手足の先などにも、多少毛が生えることがあります。

スフィンクスの大きな特徴は無毛という点以外では皮膚が挙げられます。
皮膚には大きなしわが見られ、色素がついている部分も見られます。
耳は大きく立っており、レモンのような形の目をしています。

スフィンクスの性格としては、非常に人間が好きな面が見られます。
人に気を引きたい行動をよく見せます。
一般的な猫と違い、人見知りがあまり見られないため、初対面の人間であっても甘えたりする態度を見せます。

活発で明るく、遊び好きな面も持っており、そのため自宅で飼う場合には運動ができる環境を飼い主が作ってあげるといいでしょう。
おもちゃを多く与えたり、キャットタワーを設置すると喜んで遊ぶことでしょう。

スフィンクスを飼いたい場合には

スフィンクスは被毛がないという特徴を持っていますが、この点で他の猫以上に健康管理には気を付ける必要があります。
まず被毛がないため冬の時期には特に室内の温度設定を十分に行い、寒くないようにしてあげなければなりません。
また夏の時期は被毛がないため皮膚に紫外線を直接浴びやすくなっています。
そのため、紫外線を浴びないような工夫を施すことも大切です。

飼い主が留守をする場合に保温が足りないと、体調を崩す場合があるため、留守番をさせる時には、暖かくして休める場所を用意してあげることも忘れてはいけません。
温度管理は年間を通して快適な状況を作るようにしなければなりません。

スフィンクスは被毛がないためにブラッシングの必要性はありませんが、ただ皮膚の手入れをしなければなりません。
スフィンクスの皮膚はしわが多いため、しわの部分に皮脂が多くなったり、雑菌が繁殖することがあります。
それによって皮膚炎を引き越す場合もあるため、飼い主はケアをすることが必要です。
乾いた布で優しく皮膚を拭くようにしてください。