1. >
  2. >
  3. >
  4. スコティッシュフォールドの特徴

スコティッシュフォールドの特徴

スコティッシュフォールドの見た目や性格について

垂れた耳が最も大きな特徴として知られているスコティッシュフォールドですが、日本国内では非常に人気が高い猫です。
スコティッシュフォールドは体格ががっしりしており、長毛と短毛の二種類が実はあります。
顔の形は丸く、また目も同様に丸い形をしておりとてもキュートな表情をしています。
>>スコティッシュフォールドの性格、特徴は?寿命、病気、治療や歴史は? | pepy

スコティッシュフォールドは生まれた時は耳は垂れておらずまっすぐになっています。しかし3週間から1ヶ月程度経過すると耳が折れ始めます。
遺伝的に耳が垂れた状態になるのは、全体のうち3割程度となっています。
スコティッシュフォールドの特徴として、腰を抜かしたような変わった座り方をする場合があります。
これは腰や股関節の形成不全が原因で起こっており、一般の猫がするような香箱座りは比較的苦手としています。

スコティッシュフォールドは賢く家庭的な性格をしています。
他の動物と一緒に飼っても友好的な態度で接することができ、また飼い主の子供に対しても同様の態度を取ることができます。
そのため飼いやすく、初めて猫を飼う方にはとてもおすすめな種類の猫です。
スコティッシュフォールドは鳴き声が小さいため、マンションなどで飼う場合にも安心です。

飼う場合の注意点について

スコティッシュフォールドは一般のペットショップで購入しやすい猫ですが、あらかじめ注意点を知っておくとスムーズに飼うことができます。
スコティッシュフォールドの中でも長毛のタイプは週に2回程度のブラッシングやコーミングをしてあげる必要があります。
これらの作業を怠ると毛玉ができやすく、それによって毛球症を引き起こす場合があります。
短毛タイプについてはそれほど神経質になる必要はないですが、それでも定期的にブラッシングやコーミングを行う必要があります。

折れ耳タイプのスコティッシュフォールドは耳掃除を優しく丁寧に行ってあげる必要があります。
折れ曲がっている部分も忘れずにしっかりと掃除するようにしてください。