ベンガルの特徴

野性的な柄など見た目や性格の特徴

ヒョウのような柄が特徴的で野性味にあふれる見た目をしている猫がベンガルです。
ベンガルは幅広の鼻すじ、アーモンドの形をした目、さらに目をアイラインで縁取ったようなデザインとしています。
ベンガルは胴体が長く、筋肉質な体つきをしています。

この猫の大きな特徴であるヒョウ柄ですが、最も一般的な柄の他にタビーやマーブルなども見られます。
毛色はブラウンやシルバー、ホワイトのカラーに、2つの模様の組み合わせをしています。

見た目がヒョウのような野性的な顔立ちをしているため、どう猛な背核をしているように思われますが、実際には大きく異なっており、見かけと違って温和で甘えん坊な性格をしています。
また運動量が多く、遊ぶことがとても好きなため、ペットとして飼う場合にはそのための環境を作ってあげる必要があります。
ベンガル独自の特徴ですが、一般に猫は水が嫌いですが、この猫は珍しく水遊びを好みます。
そのため、夏などの時期には水遊びを一緒にしてあげるといいでしょう。

ベンガルの飼い方について

他の猫に比べてレアなベンガルですが、ヒョウのような柄に魅力を感じて飼ってみたいという方もいることでしょう。
ベンガルは他の猫に比べ、子猫の時代からとても活発なため、走り回ったり、物おじせず高所にかけのぼっていったりします。
そのため、飼い始めた当初は驚いてしまうかもしれません。

しかしこの点がベンガルの個性ともいえるものです。
この傾向は成猫になってからも同様なため、日ごろからしっかりと遊んであげる必要があります。
またおもちゃなども多く与え、自分で遊べるような環境を飼い主が積極的に与える必要があります。

ベンガルは賢く、また観察力にも優れているため、しつけの点では他の猫よりも難しくはありません。
ただ遊び好きな点があるため、傷が付いたりして困る物などは、ベンガルの爪痕が付かない場所に移動させておくことが大切です。
や洞察力があるので、しつけそのものは難しくありません。