トイレの訓練

猫を飼うときに最初に覚えたいトイレ

猫を飼い始める時に最初に覚えたいしつけがトイレです。
トイレを覚えず勝手におしっこをしたりすると、飼い主やその家族の健康を損ねてしまうことになります。
またしつけをしっかりと行わないと、変なクセがついてしまい、トイレをきちんと覚えないままになってしまいます。
そのため、飼い始めた時に時間をかけてトイレのしつけを行うようにしなければなりません。

生後数週間経過した猫は自分でトイレをすることができるようになります。
このタイミングでおしっこやうんちをしたくなった様子を見せたら、優しく声掛けをして抱きかかえます。
そしてそっとトイレの上に猫を置きます。

猫がトイレをしたらしっかりと褒めてあげますが、最初はなかなかトイレを上手にしないかもしれません。
またトイレをちゅうちょすることもあります。
しかしこんな時には叱ったりせず、また優しく声掛けをして再度トイレをするまで待ちます。

猫は同じ場所でトイレをする習慣があるため、トイレがしたくなった度に同じ場所に連れていくようにすると、自然と自分からトイレの場所を覚え、自発的にトイレをするようになります。
トイレのしつけはしばらく時間がかかってしまうかもしれませんが、確実にトイレの場所を覚えてその場所でトイレをするようになるまで、しっかりとしつけるようにしてください。

トイレは常に清潔を保つ

猫はとてもきれい好きな動物です。
そのため、トイレの場所を覚えても、トイレが清潔でなければ、別の場所でおしっこなどをしてしまうようになります。
またトイレが食事をする場所の横にあるなどすると、猫は嫌がって別のトイレの場所を探すようになります。

せっかくトイレのしつけができても、トイレの環境が悪いと失敗してしまうようになります。
飼い主はトイレの場所を適切な位置に置き、また常に清潔にするように心掛けてください。
またトイレの砂も汚れていないか、頻繁にチェックをするようにしてください。