1. >
  2. >
  3. >
  4. オペラント条件付けとは

オペラント条件付けとは

猫のしつけとオペラント条件付け

猫も犬と同様に、ペットとして飼う場合にはしつけを行っていかなければなりません。
しかし猫の場合、犬とは違って厳しいしつけをしてしまうことで、怖がったりしてしまい、その後の成長に悪影響を及ぼしてしまうことが多くあります。
そのため、猫のしつけについては慎重にならなければなりません。

猫のしつけに関しては、オペラント条件付けという言葉を理解する必要があります。
これは行動の結果として、快や不快といったものを経験することで、動の頻度が増えたり減ったりすることです。

オペラント条件付けの例についてですが、猫が落ち着いて大人しくしていたら優しく撫でてあげる→積極的に大人しくなるというものがあります。
正の強化に関する例ですが、刺激を提示するというものです。オペラント条件付けでは、この正の強化以外に、正の弱化、負の強化、負の弱化という4つ学習パターンがあります。
これらの4つの学習パターンについて理解することによって、猫のしつけに関して理解がより深まります。

猫のしつけは犬とは異なる

猫は、古典的条件付け、またオペラント条件付けという2つのパターンを通して学習をしていきます。
ただ、猫のしつけに関しては犬と同じやり方が通用しませんし、また思ったような好ましい効果が出ない場合が多いという点が挙げられます。
そのため、猫をしつける場合には、犬以上に時間がかかってしまうことがあります。
この点は猫を飼い始める飼い主の方は十分に理解しておく必要があります。

猫のしつけに関しては、ご褒美としておやつを与えることでスムーズに学習していくことが多いものです。
また猫が好ましくない行動をしないために、罰を与えたりするのもしつけでは避けなければなりません。
猫と飼い主との信頼関係も築けなくなりますし、猫のメンタルに悪影響を及ぼしてしまうことが多いからです。
猫のしつけでは、基本的に罰は与えないことが基本となります。