1. >
  2. >
  3. >
  4. 鳴き癖を止めさせる

鳴き癖を止めさせる

猫が鳴く理由について

猫は本来夜行性で、日中は餌を食べたり少し遊んでいる以外はほとんど寝て過ごしています。
しかし夜中になると活動的になり、暴れたり鳴いたりするなど、飼い主にとっては困惑する行動をよく取ることがあります。

猫は犬に比べてあまり多く鳴くことは少ないものですが、個体によっては激しく鳴いたりすることもあります。
猫の鳴き癖をそのまま放置していると、飼い主やその家族が大きくストレスを溜めてしまうこともあるため、早急に改善を図っていかなければなりません。
実は猫が過剰に鳴くという鳴き癖は理由があることが多いものなのです。
そのため、鳴き癖をなくしていくためには、まずその理由を知ることが大切なのです。

猫が過剰に鳴く主な原因としては、寂しいというのがあります。
また活動的な猫の場合、飼い主があまり構ってくれない、遊んでくれない不満を鳴くことで表現していることもあります。
さらに体調が良くない場合、大きく鳴く場合があります。
こういった原因があるため、単に大きく鳴くのは猫の性格だとは言えないものなのです。

泣き癖を止めさせるには

飼い主やその家族に甘えるような性格の猫の場合、今まで以上にコミュニケーションを取ったり、一緒にいる時間を増やしてみるといいでしょう。
寂しくて鳴いている猫の場合、そういった配慮によって徐々に鳴き癖が治まってくることがあります。
また活動的な猫の場合には、おもちゃなどを使って一緒に遊んであげてみるといいでしょう。
頻繁に一緒に遊んであげることで猫も満足感を感じ、鳴き癖がなくなることも多いものです。

猫の鳴き癖に関して原因が思い浮かばないという飼い主の方もいることでしょう。
この場合、何らかの病気が潜んでいることもあります。
そのため、健康診断も兼ねて動物病院に連れていくことをお勧めします。
何らかの病気を抱えている場合、生命の危険もあるため、早急に動物病院に連れて行ったほうがいいでしょう。