1. >
  2. >
  3. >
  4. 行動範囲を理解させる

行動範囲を理解させる

猫が活動できる環境を飼い主が整える

ペットとして室内で飼う猫は飼い主やその家族と共同生活を送っていくことになりますが、ただ人間と同じ行動範囲を生活拠点にするのではなく、猫にとっての居場所をきちんと決めておくことが必要です。
どんな場所も自由に行動させると、大切な荷物などに傷をつけてしまうことになりますし、お互いの信頼関係をうまく築いていくことができなくなります。
ただ猫にとって行動範囲を自分で決めることは難しいことですから、この点は飼い主がきちんと理解させていくことが求められます。

猫にとって最も重要な場所は寝るスペースです。猫は1日の間の多くを寝て過ごす動物のため、寝る場所の確保は非常に重要なことなのです。
そのため、猫にとって必要な寝場所を作るために、サークルやケージ、ベッドといったアイテムを置いてあげることが大切です。
またその際にはブランケットなど、季節に応じてより快適に生活ができるような配慮をしてあげなければなりません。

トイレや遊ぶ場所の確保も大切

猫にとって重要な寝る場所の確保ですが、次にトイレの場所も決めておく必要があります。
猫もトイレをするために、トイレをきちんと作り、猫が快適に生活できるようにしてあげることが大切です。
ただ猫はきれい好きな動物のため、食事をする場所の側やベッドの横などにトイレを置いても、その場所でトイレをしないことが多くあります。
そのため、食事や寝る場所とトイレの場所は明確に分けてあげることも大切です。

また室内で飼う猫は運動不足にならないように、配慮をすることが大切です。
おもちゃを与えたり、キャットタワーを設置するなど、運動をしたりできるアイテムを活用し、猫がストレスを溜めないようにしてあげることも重要です。
ただマンチカンのように、足の短い猫の場合にはキャットタワーの高さを低く抑えるようにしてあげてください。
このような配慮をすることで、自然と猫の行動範囲を決めてあげることができるのです。