1. >
  2. >
  3. >
  4. 噛み癖を止めさせる

噛み癖を止めさせる

狩猟本能による噛み癖

猫は本来ネズミを狩猟していたため、物を噛むという行為は狩猟本能によるものなのです。
現在ペットとして飼われている猫も狩猟本能が残っているため、噛むという行為が出てくるものです。
そのため、単に噛み癖に対して叱るだけでは根本からの解決には至らないものです。
このような噛み癖については、適切な方法があります。

猫が狩猟本能で噛む対象として多いのは人間の手です。
猫は人間の手を獲物として捕らえ、思いっきり噛みついたりすることがあります。
しかし噛まれた人間は痛みを感じますし、黴菌による感染症の危険があるため、手を噛ませることはやめさせていかなければなりません。

ペットとして飼われている猫には獲物としておもちゃを使うといいでしょう。
飼い主がおもちゃを動かしたりして、猫にそのおもちゃを捕まえるような遊びをしてあげると猫も喜びます。
そうすると猫はおもちゃを獲物として捕らえるようになり、人間の手には関心をあまり向けないようになります。
また猫の前に手を頻繁に差し出したりすることは避けるようにするといいでしょう。

噛み癖に対するしつけ

猫の噛み癖については、しつけによって改善していくことができます。
狩猟本能の名残によって起こる噛み癖ですが、本能によるものだからといって放置していていいものではありません。
人間との共同生活の中で好ましくない行動はやめさせていく必要があります。

猫が手などを噛んだりしたときには、思い切り痛いと叫んでください。
また噛んだ手を猫の喉の方に押し込んでみてください。
猫は驚き、また恐怖を感じることでしょう。
噛むことで痛い目に遭うことを覚えさせいくことが大切なのです。

猫の噛み癖がなかなか改善されない場合は、罰を与えるのもいいでしょう。
霧吹きなど、猫にかけても安全なアイテムを使用し、手などを噛んだ時に霧吹きを拭いてみましょう。

猫は嫌がることでしょうし、再度同じ行為をしようと思わなくなっていきます。
ただ噛んだ時に叩いたりすることは避けてください。
トラウマになってしまい、猫が神経質になることがあるからです。