1. >
  2. >
  3. >
  4. 引っかき癖を止めさせる
猫

引っかき癖を止めさせる

狩猟本能による引っかきの習慣が残っている

猫には狩猟本能があり、家庭で飼われている猫にもその本能は残っています。
そのため獲物を捕らえ、引っかくという行為をするのも当然のことではあります。
しかしだからといって引っかく行為を放置していると、室内にあるものに傷をつけてしまいますし、人間の皮膚に傷をつけてしまう恐れもあります。
そのため、引っかく癖がある猫に対しては、適切な方法でこの行為をやめさせていくことが大切です。

引っかき行為をやめさせる方法

猫の引っかき行為は時に危険なこともあるため、しつけによってやめさせていかなければなりません。
そのための方法として、まずは飼い主が痛みを猫にしっかりと伝えるやり方があります。
猫が引っかいてきたときに、大きな声で猫に痛いと叫ぶと猫にその痛みが伝わります。

このやり方を始めた当初は猫は飼い主の痛みが分からないかもしれません。
しかし同じことを何度も繰り返していると猫も理解し、徐々に引っかきを止めるものです。

猫の引っかきを止めさせるために、罰を与える方法があります。
霧吹きやスプレーの空気を猫に吹きかけることで、引っかきを止めさせる方法です。
罰的な行為のため、あまり頻繁に行うべきではありませんが、引っかき行為がひどい場合にはこの方法を利用してみるのもいいでしょう。
霧吹きやスプレーなどは猫の健康被害を引き起こす心配もありません。

本能以外が原因の引っかき行為

猫が引っかく癖があるのは、狩猟本能によるものが多いのですが、これとは別に自分の縄張りを荒らされた時の攻撃として引っかき行為が出てしまうことがあります。
例えば自分の居場所に他人が入ってきたときに攻撃をするというものがあります。
これは来客時に多いことではありますが、こういった引っかきをさせないために、猫にとって安心できる自分の居場所を飼い主が確保してあげるといいでしょう。
ケージやサークルなどでもいいですし、キャットタワーを設置するのもいい方法です。