猫

しつけ

猫へのしつけの重要性

犬は子犬の段階から、主人への忠誠心を培わせるためにしつけを行っていきます。
それに対して猫は気ままに行動をするために、しつけをしても意味がないと思われることがあります。
またしつけをしても定着しないというイメージも同時に持たれています。

しかし室内で飼うことが多い猫もしつけを適切に行わないと、好ましくない行動をずっと続けていくことになり、飼い主との信頼関係をいつまでも築いていくことができません。
また飼い主の猫への虐待にもつながる場合があります。そのため、猫についても犬と同様にしつけをしていかなければなりません。

猫に必要なしつけとは

犬へのしつけとしては、お手や待て、伏せといったものがありますが、案外猫に必要なしつけについては知られてないものです。
猫の場合、最も最初に覚えなければならないのがトイレです。
毎回同じ場所でトイレをする、きれいにトイレを使うといったことをしつけによって定着させていく必要があります。

トイレのしつけを覚えたら、その次に覚えたいのが引っかいたり過剰に鳴くといった好ましくない行動に対するものです。
引っかく癖や鳴き癖は飼い主にとって大きなストレスになってしまいますし、またマンションなど集合住宅に住んでいる方の場合、近所迷惑になってしまいます。
そのため、これらについてもしつけによってしないように改善を図っていく必要があります。

猫をしつける際の工夫として、厳しく叱ったり叩いたりすることは避ける、きちんとした行動ができたらおやつを与えたり褒めたりするといったものがあります。
こういったテクニックを使うことでしつけをスムーズにしていくことが大切です。
このサイトでは猫に必要なしつけ、またその方法についてまとめています。猫を飼う方は是非参考にされてみてください。

>>トイレの訓練
>>盗み食いを止めさせる
>>引っかき癖を止めさせる
>>鳴き癖を止めさせる
>>噛み癖を止めさせる
>>1匹で留守番をさせる
>>行動範囲を理解させる
>>古典的条件付けとは
>>オペラント条件付けとは
>>しつけのご褒美について
>>罰を与えることについて