1. >
  2. >
  3. >
  4. 食事のタイミング
猫

食事のタイミング

猫は1日2回が標準

人間は通常1日3回の食事を行いますが、猫の場合は1日2回を目安にして食事を与えるようにするといいでしょう。
ただ1日2回は目安として考えてください。
日によってはもう少し食べたいときもあります。
こんな場合にはおやつなど、間食を少し与えるようにすると空腹感を抑えることができますし、またカロリーオーバーにならないので、健康を損ねることがありません。

また食事の量に関してですが、室内で飼うことが多い猫の場合、あまり運動をしないため、食事を必要以上に与える必要はありません。
また与えすぎるとそれが当たり前になってしまい、肥満になる恐れがあります。
そのため、太らず健康な状態を維持することができる程度の量を与えるようにしましょう。

食事を与えるタイミングとは

猫にとって食事をするタイミングは自分で決めることはできませんから、飼い主の方で猫にとってちょうどいい食べ時を作ってあげるといいでしょう。
食事のタイミングで理想的なのは、一定間隔で、また毎日同じタイミングに与えるということです。
お腹がすいたころにちょうど食べるようなタイミングが適切です。
そのため、1日に2回の食事を朝と夕方に与えるようにすると感覚としてはちょうどいいでしょう。

また食事は毎日同じ時間に与えるようにしたいものです。
これは体内時計に食事の時間帯を覚えさせる目的もあります。
そうすることで自律神経が整うというメリットがあります。
猫も人間と同じように自律神経があるため、食事は毎日同じ時間帯に行うようにすることが望ましいといえます。

猫に与える食事は猫の健康を考えたキャットフードが適切です。
人間が食べるものを猫に与えると、塩分過多になったり、カロリーオーバーになってしまうので、避けるようにしてください。
また食事と合わせておやつも与えるといいでしょう。
おやつは食事という位置づけではなく、食事を楽しくするものといった意味合いがあり、そのため、違ったおやつを少量だけ猫に与えるといいでしょう。