食事の種類

キャットフードにも種類がある

ペットとして飼われている猫は飼い主が猫の健康を考えて、適切な食事を与えなければなりません。
猫にとって不適なものを与えていると病気になってしまいます。
特に人間が食べる食事を与えると塩分など過剰摂取が気になりますし、猫は小さいため、体への影響も大きいものです。
そのため猫には猫専用のキャットフードを与えなければなりません。

猫用のキャットフードはいろんな種類がありますが、大きく分類するとドライタイプとウェットタイプに分けられます。
ドライタイプは乾燥していて長期保存ができます。
ただ高齢など歯の悪くなった猫には食べにくい面もあります。

これに対してウェットタイプは柔らかいのが特徴で、水分が多い分カロリーもドライに比べて低い点がメリットです。
これらの選択については猫が好むタイプを基本的に選びますが、場合によっては両方を混ぜる方が猫にとって食べやすい場合もあります。

キャットフードは味がそれぞれ異なっており、かつお味やチキン味など、原材料に大きな違いが見られます。
これらのうちどのタイプを選択すればいいのかについてですが、基本的には猫が好むタイプを選ぶといいでしょう。この場合複数のタイプを見つけておくことをお勧めします。1つのタイプに絞ると猫も飽きてしまいます。

健康志向の商品も増えてきている

キャットフードも種類が多くなってきており、最近では健康志向向けの商品が多くなっています。
商品はそれぞれタイプが違いますが、肥満になってしまっている猫には低脂肪な商品が販売されています。
また猫の健康を意識して栄養のバランスが取れたキャットフードも増えてきています。

さらに添加物の影響を考えて無添加タイプのキャットフードも販売されていたり、オーガニック原料のみを使用した商品も見かけるようになりました。
このように猫の食事であるキャットフードもいろんな種類の商品が見られるため、猫の好みや健康を考えた上で正しい選択をしなければなりません。