1. >
  2. >
  3. >
  4. 猫のシャンプーで気をつけたいポイント

猫のシャンプーで気をつけたいポイント

猫にもシャンプーは必要なことがある

猫は自分でグルーミングといって毛づくろいをします。
そのためシャンプーをしなくてもいいとされています。

元々猫は水が苦手です。
そのためシャンプーもあまり好きではありません。

しかし、猫にもシャンプーが必要な時があります。
猫のシャンプーが必要な場面とその方法を知っておきましょう。

猫にとってグルーミングは大切なもの

猫が毛づくろいで体を舐めている行為をはよく見かけます。
このグルーミングをすることで体の汚れが落ちますしニオイを落とすことができます。
そのため基本的にはシャンプーの必要はありません。

また、グルーミングは猫にとってリラックス効果を与えるものです。
猫にとってはグルーミングをすることは当たり前のことであり気持ち良く過ごすためにも大切なものでもあります。

ただ、グルーミングをあまりにもしている時には皮膚にトラブルがあったりストレスが溜まっていたりすることがあります。
グルーミングの頻度や様子は観察しておくことが必要です。

猫にシャンプーが必要な場面

猫にシャンプーが必要な場面はいくつかあります。
まず長毛種の猫は定期的なシャンプーが必要です。

日常的にグルーミングをしていても毛の生え変わる時期には抜け毛が多くなりグルーミングをしても毛玉を吐き出す原因となってしまいます。
そこでシャンプーをしてしっかりと毛を落としてあげることでグルーミングをしやすくしてあげるのはもちろん、毛の生え変わりをサポートしてあげることが必要なのです。

次に高齢や肥満の猫の場合には体をうまく動かせなくなるのでグルーミングをできなくなってしまいます。
グルーミングをすることができないとフケがでてきたりニオイが出てきたりする原因です。
これは猫も不快になるのでシャンプーをする必要があります。
外で猫を飼っている場合にはノミやダニといった寄生虫がつくことがあります。
そのためノミ取りのためのシャンプーが必要です。

シャンプーの方法

猫のシャンプーをする前にはしっかりとブラッシングをして汚れを落としておきます。
そうすることでシャンプーをする時間が短くなるので猫への負担も少ないです。

次に猫は水が苦手なので突然にシャワーを掛けるとびっくりしてしまいます。
そこで最初は洗面器でゆっくりと掛け湯をして慣らしていくことが大切です。

シャンプーはスポンジで泡立てておきマッサージをするようにして洗っていきます。
シャンプーが終わったらしっかりとすすいでシャンプーの成分が肌に残らないようにしましょう。
肌が荒れたり毛並みが荒れたりする原因です。

仕上げの際にはタオルドライだけではなくドライヤーも必要です。
ドライヤーも猫はびっくりするので風量を抑えて音を小さめにするようにしましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です