1. >
  2. >
  3. >
  4. 猫にあげてはいけない食べ物

猫にあげてはいけない食べ物

死に至るような食品がある

人間にとって害がなく、むしろ健康にいいとされている食品は多くありますが、猫にとって同様に健康にいいとは言えないような食品が多くあります。
通常猫にはキャットフードを与えるべきです。

猫は汗をあまりかかないため、人間ほどの塩分は必要ありません。
そのため、人間が食べる食事と同じものを猫に与えてしまうと塩分の過剰摂取になってしまいます。
猫にとって安心な食品はキャットフードになりますが、それと同時に猫に対して与えてはいけない食品も覚えておく必要があります。
こういった食品は与えないようにしなければなりません。

猫にとって死に至ってしまうような危険な食品はねぎ類です。
ネギや玉ねぎ、ニラといった食品は猫に絶対に与えてはいけません。

これらに含まれる成分が猫の赤血球を破壊してしまいます。
また貧血になりやすくさせてしまいます。
これらの食品は人間が食べる料理には多く含まれているため、与えないようにしてください。

他にも危険な食品がまだまだある

猫にとって危険な食品はまだ多く存在しています。
カカオが含まれる食品は猫が摂取してしまうと、動悸や興奮、不整脈などを引き起こしてしまいます。
これはカカオの香り成分が中枢神経を刺激するためだと言われています。

アボカドは猫に与えてはいけない食品です。
アボカドに含まれる成分には、嘔吐や下痢など、消化器に悪影響を及ぼしてしまうものがあるためです。
アボカドは脂肪が多いため、猫の健康に悪影響な面も多いため、くれぐれも興味本位で与えるようなことは避けてください。

生の豚肉やするめといったものは、猫に与えてしまいがちな食品ですが、これらは多く食べさせると健康を損ねてしまう食品だと言われています。
そのため、日ごろから与えないようにすることが大切です。
猫にとって豚肉は健康にいいものではありますが、生の状態では与えてはいけません。
やはりキャットフードを与えたほうが安全といえるでしょう。