1. >
  2. >
  3. >
  4. アパートやマンションでの飼い方
マンション

アパートやマンションでの飼い方

猫は集合住宅向き

猫は、比較的集合住宅で暮らすことに向いているペットだといわれています。
また、一人暮らしの方も飼いやすいという説も。
一人暮らしの人は集合住宅で暮らしている方が多いかと思われますので、ペットを飼いたいと思ったときに、猫はかなり適しているということになりますね。

もともと猫は、そこまで飼い主にかまって欲しいと思うタイプではないので、それも一人暮らしの人が飼育するのに適している理由のひとつとなります。
犬は常にかまって欲しいと思うタイプのペットですが、猫は放っておかれても苦にならないし、逆にあまりしつこくされるのを嫌います。
ですので、留守番をするのもへっちゃら。お仕事をしている一人暮らしの方でも、安心してお仕事に行くことができるんです。

また、猫は狭いところを好む修正があるので、ワンルームマンションなどでも苦に思うことがありません。
そういえば人の家で飼われている猫は、いつも部屋の隅っこの狭いところでひっそりとくつろいでいたりしますね。
狭いところでもよいなんて、人間にはちょっと考えにくいですが、集合住宅に居住している方にはとてもありがたい話。

そのほか、温度管理についてもそこまで敏感になる必要がないので、冷暖房をつけて出かける必要があまりないため、こういった面でも集合住宅で飼いやすいと思います。
猫は比較的暑さに強いので、夏でも部屋の中を常温にしていて平気ですし、冬は冬で自分で温かい布団の中などを探してくつろぎますので、かなり飼いやすいです。
1泊くらいならそのままにしておいても留守番してくれますので、エサとトイレをしっかりしておいて、温泉旅行を楽しむこともできます。

集合住宅で飼う時は室内飼いが基本

猫を集合住宅で飼育するときは、必ず室内飼いをしてください。
これは病気を防ぐという意味あいもありますが、ご近所さんに迷惑をかけないようにするためでもあります。
ベランダなら大丈夫だろうと思って出してしまうと、するっとすり抜けてお隣さんのベランダに入ってしまい、粗相をしてしまうということも。
猫のおしっこは臭いが強いので、ご迷惑をかけてしまうことがないようにするために、外には出さないで飼育するようにしましょう。
ちなみにベランダから転落死してしまう猫も多いようなので、事故を防ぐためにも外に出さないということは非常に重要になります。

猫を飼うには、長年飼育していくための心構えも必要ですし、病気になることもあるので、費用がかかるということも覚悟しておかなければなりません。
こうした心構えをしっかりとした上で、かわいい猫ちゃんを迎え入れてあげてください。