1. >
  2. >
  3. >
  4. お耳を綺麗に掃除してあげよう

お耳を綺麗に掃除してあげよう

飼い猫の耳掃除の頻度

飼い猫の耳掃除ですが、耳の中が汚れていないようであれば頻繁に行う必要はなく、多くても一週間に一回程度の耳掃除で良いでしょう。
ただし、スコティッシュフォールドのような折れ耳の猫は、耳の中の通気性が悪いことから雑菌が繁殖しやすいので、耳掃除をしないと炎症が起こる原因になります。
飼っている猫の耳の状態によっては、定期的に耳掃除をした方が良い場合がありそうです。

飼い猫がしきりに頭を振ったり、耳を前足でかいてかゆそうにしていることがありますが、そんなときは耳の中をのぞいてみてください。
耳の中が赤くはれていたり、皮膚が黒ずんでいる場合は、外耳炎や耳ダニが繁殖していることがありそうです。
猫の元気がなさそうだったり、飼い猫の耳に炎症がある場合などは、適当な薬を塗ったりせずに動物病院に連れていきましょう。

猫の耳の中は、「外耳・中耳・内耳」という構造になっていて、外耳は飼い主がのぞいて見ることができます。
猫は耳をさわられるのが嫌いですから、どうしても耳の病気を発見するのが遅れがちです。
飼い主が猫の耳の病気に気づくのは、耳の中が汚かったり、ニオイをかいでみて臭いことから、何か耳の病気であることに気づきます。

猫の耳掃除で気をつけること

猫の耳掃除の方法として、耳の中をのぞいてみたときにそれほど汚れていない場合は、コットンやガーゼなどで拭き取る程度で良さそうです。
イヤークリーナーをコットンに含ませ、ペットの耳の中にある汚れを優しく拭き取りましょう。

耳の汚れがひどい場合は、イヤークリーナーを多めに含ませて、何度かに分けて耳掃除を行ってください。
綿棒は、猫が動いたときに耳を傷つけるおそれがあるため、できるだけ使わないようにした方が良いでしょう。
猫の耳はとても薄くて、傷つきやすくなっていますから、優しく手入れしてあげましょう。

猫は耳をさわられるのが嫌いなので、耳掃除をいやがるかもしれません。
耳掃除の前におやつを与えてから行うと、「おやつがもらえる」と学習して耳掃除を好きになってくれるでしょう。

猫の耳掃除に使えるグッズ

猫の耳掃除用のグッズとして、コットンやガーゼ、イヤークリーナーを用意しましょう。
猫の耳掃除用のウエットティッシュも販売されており、そのまま拭き取れるので便利なグッズです。

猫の耳に炎症などのトラブルがなければ、イヤークリーナーを直接猫の耳に入れてもかまいません。
猫の耳は水が入りにくい構造になっていますから、イヤークリーナーを直接入れても大丈夫なようです。
イヤークリーナーを入れた後で、猫が頭をブルブル振ることもありますから、汚れてもいいようにお風呂場や洗面所などで手入れを行うと良いでしょう。