1. >
  2. >
  3. >
  4. 気持ちいいブラッシングの方法
猫

気持ちいいブラッシングの方法

ブラッシングによる好ましい効果

猫は通常自分でグルーミングを行いますが、ペットとして飼われている猫の場合、飼い主がブラッシングをしてあげたほうがいいといえます。
飼い主がブラッシングをしてあげることで好ましい効果が得られる為です。
ただ気持ちよく感じられるようにブラッシングをしてあげなければなりません。

猫にブラッシングをすることで、猫が毛を胃中に入れにくくなるという効果があります。
猫の毛は一定の周期で抜けていきます。
その際にグルーミングをすると猫の胃の中に毛が入っていきます。

猫は定期的にこの毛を吐き出しますが、老猫になると毛を吐き出す体力がないため、胃に入ったままになってしまうことがあります。
そのため、飼い主がブラッシングをして、胃へ負担などを軽減させていくことが望ましいのです。
ただその際には、皮膚に傷をつけないように優しく撫でるようにブラッシングをしていくことが必要です。

猫の毛は抜けやすいものですが、その毛は見えにくく、部屋中を舞ってしまうことが多くあります。
抜け毛が多い時期になると空中を舞う毛の量もより多くなってしまいます。
そのため室内にいる人間への健康被害も大きくなってしまいます。

猫の毛をブラッシングしてあげることで早めに毛を集めて捨てることができます。
ブラッシングは単に猫に対するメリットだけではなく、飼っている人間へのいい効果も期待できるのです。
抜け毛が多い時期には何度ブラッシングしても毛が取れてしまいますが、あまり長時間行うと猫の皮膚への負担となってしまうため、長くブラッシングを行わないようにすることが大切です。

癒しの効果も得られる

猫のブラッシングを行うことで、猫自身が気持ちよく感じ、リラックス効果を得ることができます。
そのためのブラッシングでは、猫が眠そうになる程度の優しさで行っていくことが大切です。

また同じ部位を何度もブラッシングすると猫もストレスを感じてしまうため、違う部位もブラッシングしてあげることが大切です。
さらに、猫によってはブラッシングを拒否する部位もあります。
そういった部位は避けるようにして、猫が喜ぶ部位を重点的にブラッシングしていくといいでしょう。