1. >
  2. >
  3. >
  4. ワイマラナーの特徴

ワイマラナーの特徴

初めて犬を飼うにはハードルが高め

ワイマラナーは、艶のあるグレーの短毛が特徴的な犬種です。
また、ワイマラナーは大型犬ではあるのですが、大型犬としては珍しくあまり大きく見えないコンパクトな犬種でもあります。

他にも、ワイマラナーには短毛、長毛のワイマラナーが存在するため、他の犬種では見られないような特徴も有しているのです。
指の間に水かきがあることでも知られていますが、これもワイマラナーだけの特徴として知られています。

ワイマラナーの性格ですが、体力を良く使うような動きを好む性格です。
例えば、狩猟であったり、長距離の移動などが該当します。
ただし、ワイマラナーは保守的なところが目立つので、人見知りのワイマラナーも数多く存在します。
家族愛の強い犬種としても知られていますが、その反面で保守的であるということを知っておくと、ワイマラナーと良い関係を築き上げられるかも知れません。

ワイマラナーの飼い方ですが、運動を定期的に行わせないと、ストレスが溜まる一方なので注意してください。
また、ワイマラナーはストレスが溜まると、破壊衝動に駆られたり、攻撃性が増してしまうこともありますので、運動に良く付き合ってあげられる飼い主でないと、ワイマラナーと良い関係を築き上げることが難しくなるでしょう。

それと、ストレスが溜まると態度まで一変することがあります。
寂しい時は寂しそうな表情を見せることがありますので、そのような時も、ワイマラナーを甘やかせてあげることが大事です。
このように手間暇のかかる犬種でもあるので、今まで犬を飼ったことがないという人では、上手にワイマラナーを育てられないこともあります。

ワイマラナーの歴史

ワイマラナーの歴史ですが、狩猟などで重用されたという歴史があります。
そもそも、ワイマラナーの全容については大まかにしかわかっていません。
というのも、狩猟犬として知られている犬種という情報以外では、ワイマラナークラブで狩猟犬として成長していった・・・、という情報しか存在しないからです。

今では、多くの人が狩猟などを楽しめる時代になりましたが、過去では貴族の嗜(たしな)みとして、貴族は狩猟犬と狩りを楽しんでいました。
そんな狩猟において、必須となる存在こそワイマラナーのような優れた狩猟犬です。
ワイマラナーは賢く、また体力に優れている犬種でもあるので、狩猟犬にピッタリという評価が過去から現在にかけて存在します。

また、ワイマラナーに関する詳しい情報は、先ほどのワイマラナークラブなどに保管されているだけ・・・なので、実はほとんどの重要な情報が一般公開されていません。
そのため、秘匿性の高い犬種として、狩猟などで活躍しているという情報しか見当たらないことが多いのです。