1. >
  2. >
  3. >
  4. ロットワイラーの特徴

ロットワイラーの特徴

歴史のあるロットワイラー

ロットワイラーは欧米ではとても人気のある犬種で古代ローマからいるとされている犬種です。
日本ではあまり見かけません。
しかし、ドイツやアメリカでは人気の犬ランキングで常にトップ10に入っているくらい人気があります。

日本でも最近飼育をしている人も見られるようになっています。
どういった特徴のある犬なのでしょう。

ロットワイラーの特徴

ロットワイラーはドイツ原産で大型犬です。
相性としてロット、ロッティと呼ばれていることもあります。

あごが大きく首も太くとても筋骨隆々としています。
見た目の大きさよりも大樹は重たくてオスで50キロ、メスで42キロが平均です。
ドーベルマンと見た目の大きさは同じくらいですが体重は10キロも重たいです。

毛の色はブラックの中にタンがあるもののみであり、単は眉の位置やマズルのところなどに入ります。
色ははっきりとブラックとタンがわかれるのが特徴です。

毛並みは直毛でツヤがありダブルコートです。
短毛の種類の中では抜け毛は多い方といえいます。

しっぽが短いのは断尾をしているためです。
そのため実際は先に向かって細くなる垂れた尻尾をしています。

警察犬や軍用犬としてロットワイラーが使われることが多いです。
とても賢くて勇敢であり立ち向かう気の強さがあります。
そのため社交的とは言い難く知らない人には警戒心をみせやすいです。

家族に対しては忠実でとても献身的です。
心を許している相手に対しては甘えることもあります。
小さいものや弱いものへは優しく接するので子供のいる家庭でも飼育ができますし、小動物や小型犬と一緒に飼育することもできます。

ロットワイラーの飼育方法

ロットワイラーを飼育するのは賢いために大変といわれており飼い主もしっかりと事前にしつけの方補を学んでおくことが大切です。
しつけのなかでは社会化トレーニングと服従のトレーニングをしていきます。
ロットワイラーに対しては家族が一貫して同じ態度をして接するようにするのがポイントです。

しつけをしていき飼い主を認めれば心を開きますし飲み込みも早く教えたことをどんどんと覚えていきます。
しつけのためには運動もとても有効です。
運動欲求が高いのでしっかりと散歩をしながらリードウォークを教えてきましょう。

大人の男性でもロットワイラーに引っ張られるとコントロールができなくなることがあるくらい力が強いです。
そのため正しくリードウォークを覚えさせておかないと散歩が難しくなってしまいます。
リードウォークを覚えさせるとともに街に出て興奮したときのために止まれや待て、といったことも合わせて教えておきましょう。

暑さと寒さに弱いので室内での飼育が望ましいです。
無駄吠えをすることは少ないので室内は集合住宅でも十分飼育ができます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です