1. >
  2. >
  3. >
  4. ドーベルマンの特徴

ドーベルマンの特徴

ドーベルマンの特徴、性格、飼い方

ドーベルマンというと、「引き締まった筋肉を有している犬種」として有名です。
また、毛についても滑らかなため、骨格などがハッキリとしている犬種という特徴も存在しますし、見た目以上に運動能力が高いため、あらゆる分野で活躍している犬種という特徴まで存在します。

ドーベルマンは、日本では大型犬に分類される犬種なのですが、あごなどがすっきりとしているため、大型犬にしては小さな体のように感じる犬種でもあります。
しかし、たくましい筋肉の影響もあって、歩く際には堂々とした姿勢で歩くことでも知られている犬種なのです。

また、一般的な大型犬と比較してあごが小さいのですが、狩猟、軍用などで活躍するほど、あごを活かして獲物を狩る、取り抑える能力も高い犬種で、あごを活かして対象を攻撃する、動けないように噛み付くという、器用な動きが可能な犬種でもあります。

ドーベルマンの性格ですが、見た目に反して落ち着いた性格をしています。
良く吠えるというイメージも強いのですが、ドーベルマンは飼い主の命令なしにはあまり吠えません。
また、ドーベルマンは家族愛が強いだけでなく、敵に対して勇猛な性格であることも知られています。
そのため、自身より大きな相手に対しても、ドーベルマンは勇敢に立ち向かいます。

それだけでなく、飼い主に対して従順であることを示す犬種として知られているため、知的な犬種であるという評価が数多く存在するのです。

ドーベルマンの飼い方ですが、ドーベルマンは運動が好きな犬種なので、運動を欠かさず行う、付き合ってあげられるようでないと、段々とストレスが溜まっていくこともあります。
また、命令に対して従順な犬種でもあるのですが、ストレスが溜まってしまうと命令を聞かないというケースも存在します。
ストレスが溜まっている場合は、見た目的にも飼い主に反発しようとする態度をとるので、そのような時こそ1時間程度のトレーニングを、ドーベルマンと一緒に行ったほうが良いでしょう。

また、神経質なところもあるので、ドーベルマンの周りに耳障りなもの(音の鳴る金属品など)を置いておくと、ドーベルマンが嫌がることもありますので、このようなことにも注意してください。

ドーベルマンの歴史

ドーベルマンの歴史ですが、他の犬種と比較して輝かしい歴史が数多く存在します。

例えば、ドーベルマンの作出は「19世紀後半のドイツ」で行われました。
また、ドーベルマンはペットとして飼われていたケースよりも、どちらかと言うと「防衛目的」で飼われることの多い犬種だったのです。
ドーベルマンは知的なため、多くの命令を従順に対応してくれる、危険を察知して防衛を行ってくれるという一面があり、今でも訓練性能の良い犬種として評価されています。
そのため、今でもドーベルマンは「警察犬、軍用犬」として活躍しているケースが目立つのです。