犬

種類

いろんな種類の犬が世界中に存在する

ペットとして飼われている動物の中でも最も多くの方が飼っていると思われるのが犬です。
犬は忠実で愛らしい表情が魅力的で、飼うのも比較的簡単なので、どなたでもスムーズに飼うことができるものです。
そんな魅力あふれる犬ですが、世界中にはいろんな種類の犬が存在しています。

それぞれの犬は見た目が大きく異なっており、毛の長さやカラー、顔や目の形など、体の各パーツがそれぞれ違うものです。
中には他の犬種には見られないような特徴を持った犬種も存在しています。

飼う前に犬種の特徴を知る

犬に対して関心が高い方、またこれから犬をペットとして飼いたい方は、犬種の特徴について理解していくともっと犬のことがよくわかることでしょう。
また自分にとって相性のいい犬種を見つけやすくなります。
特にペットとして犬を飼う場合、家庭環境などを考慮して犬種を選んでいかなければなりません。
そういった意味からも犬種の特徴をよく知ることはとても大切なことです。

それぞれの犬の特徴として大きさと被毛の長さ、また被毛のカラーなどがあります。
大型犬から小型犬まで、それぞれの犬は大きさが違います。
またそれだけではなく、性格も犬種によって大きく異なります。

犬の性格はそれぞれで本当に異なっており、活発なタイプから、繊細なタイプまで様々です。
更に健康状態やかかりやすい病気なども犬種によっては注意しなければなりません。

このサイトではそれぞれの犬種ごとの見た目や性格、飼う上での注意点などについてまとめています。
それを知ることで、よりはっきりとそれぞれの犬のことを理解できることでしょう。

>>ドーベルマンの特徴
>>ダルメシアンの特徴
>>ボクサーの特徴
>>ワイマラナーの特徴
>>ボルゾイの特徴
>>ラフコリーの特徴
>>チャウチャウの特徴
>>アイリッシュセッターの特徴
>>シベリアンハスキーの特徴
>>秋田犬の特徴
>>セントバーナードの特徴
>>グレートデンの特徴