1. >
  2. >
  3. >
  4. 犬が吠える理由とは

犬が吠える理由とは

愛犬が吠える理由

愛犬が吠える理由ですが、人間が言葉を話すように犬にとっては、吠えることがコミュニケーションのひとつとなっています。
愛犬に「吠えるな」と言うことは、人間に向かって「話すな」ということと同じことですが、適切なしつけをすることによって吠えるのをおさえることは可能です。

愛犬はかまってほしいときに「クーン、クーン」と甘えた声で鳴き、痛いときには「キャン、キャン」と甲高い声を出して痛みを訴えます。
低い声で「ウー、ウー」とうなるときは警戒しているときであり、激しくうなる場合にはそれ以上近づくと、噛まれることもあるようです。
犬はいろいろと吠え方や表情などを変えることで、自分の感情を飼い主に向けて表現します。

問題は、飼い主がうるさく感じる「無駄吠え」ですが、散歩の回数が少ない場合やストレスがたまった状態のときに無駄吠えが増えるようです。
また、「遠吠え」は、寂しいときだけでなく愛犬が楽しい気分のとき、心細かったり不安を感じたりした場合に遠吠えするということです。
無駄吠えや遠吠えは犬にとっては自然な現象ですが、飼い主がうるさく感じるのはもとより、住んでいる場所によっては近所迷惑となることがあります。

無駄吠えしにくい犬種

無駄吠えしにくい犬種というのがあるようで、シー・ズーやブルドッグ、トイ・プードルやゴールデン・レトリーバーなどが該当します。
パグのような短頭種や性格的に温厚な犬が吠えにくい傾向にあるようなので、愛犬に無駄吠えされたくない飼い主は、飼う犬の種類を考えた方が良いでしょう。

無駄吠えしやすい犬種としては、ダックスフンドやビーグル、ドーベルマンやヨークシャー・テリアなどの名前があげられています。
ほかには番犬をしていたような犬、攻撃的で警戒心の強い犬、臆病だったり不安の強い犬なども、無駄吠えしやすい傾向にあるようです。

無駄吠えを止めさせるには

愛犬が無駄吠えをしている原因がありますから、その理由を突き止めて何かストレスがあるようであれば、そのストレスを解消してあげましょう。
警戒心の強い犬であれば警戒している原因を取り除き、愛犬が不安や恐怖を感じている場合は、不安に思っているものの原因を考えてください。
原因が取り除かれて、愛犬が吠えるのをやめたらほめてあげたり、おやつなどを与えるのも効果がありそうです。

無駄吠えを止める方法として、声帯切除手術や愛犬が吠えた瞬間に電気が流れる首輪などが販売されています。
これらは、犬の精神状態に悪い影響を与える場合がありますから、避けたほうが良いでしょう。
根気強く愛犬が無駄吠えをする原因を探り、それを取り除く努力をし、しつけをすることでやたらと吠えない犬へと変わることができそうです。