1. >
  2. >
  3. >
  4. いい子に留守番させる

いい子に留守番させる

自宅で静かに留守番をさせるしつけ

どの家庭でも外出をするものですが、犬を飼っている家庭でも外出をすることはあります。
その時にペットホテルに預ける方もいますが、費用が掛かるのでどの人もペットホテルに預けることはできないものです。
そのため、自宅に犬を置いたままで外出をします。

1匹だけで留守番することに慣れていない犬の場合、自宅のものを噛んだり壊したりする恐れがあります。
またストレスで体調を崩してしまう可能性もあります。
しかし留守番をしなければならないことは必ずあるものですから、犬にはしつけをして留守番をしなければならない時でもじっと大人しく過ごすようにさせなければなりません。
これは飼い主にとっての義務であり、お互いが楽しく暮らしていくために欠かせないものでもあります。

最初は少しずつ1匹だけの時間に慣れさせる

留守番を初めて経験する犬は自宅に1匹だけになるので不安になってしまい、時には物を噛んだりすることがあります。
また走り回ったりすることもあります。
このような行動をさせておくと怪我をしたり、また自宅の様々なものに傷がついてしまうので、やらないようにしつけていく必要があります。
犬にとっては留守番は日常的なことであり、留守番をしなければならない時には大人しくしていることを認識させなければなりません。

留守番に関するしつけを開始する際には、まず5分程度だけ1匹で過ごすようにさせます。
そして5分後に戻ってきてしっかりと褒めてあげます。
犬は褒められると、また同じく褒められたいために、前よりも長い時間待つことができるようになります。

またおやつを少量ご褒美として与えるのもいいでしょう。
ただおやつも頻繁にあげすぎると、おやつなしでは留守番ができなくなるため、特別なご褒美として活用するといいでしょう。
このような工夫によって徐々に留守番が自分でできるようになります。

留守番に慣れるためには、1匹でいる時間を多く作ることが大切です。
そのため、飼い主としても頻繁にちょっとした留守を作って、上手に犬に慣れさせていくといいでしょう。