1. >
  2. >
  3. >
  4. うれしょんの治し方

うれしょんの治し方

愛犬のうれしょんの悩み

子犬のうちは何かうれしいことがあると突然おしっこをしてしまう犬もいます。
大きくなると次第に治ってくるといわれていますが実はなかなか治らない犬もおり、そういった場合には対応が必要です。
来客がある時にうれしょんをすると来客に迷惑を掛けることもあるのでできれば避けたいものでもあります。

なぜ犬はうれしょんをするのでしょう。
その仕組みを知るとうれしょんの対策ができるようになります。

うれしょんをする理由

うれしょんというのは犬がうれしくて喜んでいることでおしっこが出ることを意味します。
元々犬にはおしっこを漏らすことで服従をしていることをアピールするという習性があり、うれしょんをすることは本能によって起こることです。

特に子犬のうちは感情のコントロールがうまくできないですしすぐに興奮することがありうれしょんをしやすいです。
体の機能も未発達であり暴行括約筋という尿道の近くにある筋肉が未発達であるためにトイレのコントロールも完ぺきではありません。

体の機能が視聴していくとトイレのコントロールができるようになり自然とうれしょんをしなくなることも多いです。
ただ、成長をしてもうれしょんが止まらないという犬もいます。
個体差もありますが多くの場合には1歳になるころにはうれしょんをしなくなるといわれています。

成犬になってもうれしょんをする理由

成犬になってもうれしょんが止まらない犬がいます。
これは性格によることが大きいという意見が多いです。

うれしょんをする大きな原因は興奮することです。
そのため普段から興奮しやすい性格の犬は大きくなってもどうしても興奮しすぎてうれしょんをすることがあります。

また、飼い主への依存心や忠誠心が強い犬の場合には服従していることをアピールするために大きくなってもうれしょんをし続けることがあります。
これは犬の習性が要因であるためになかなか治すことが難しいです。

中には気が弱かったり精神が不安定であったりするためにうれしょんをする犬がいます。
これはストレスが原因であったり恐怖を和らげたりするためにうれしょんをしています。
この場合、子犬のころはうれしょんをしていなかったのに成犬になってからうれしょんをするようになったという犬も意外と多いです。

特に大人になってからある日突然急にうれしょんをするようになった場合、相当なストレスを感じていることが考えられます。
うれしょんをやめさせるためにはストレスの原因を突き止めることが大切です。
うれしょんをやめるためにも、犬が少しでもストレスや不安を感じず気持ち良く過ごせるようにするためにもストレスの原因を見つけ出すようにしましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です