1. >
  2. >
  3. >
  4. おすわりでじっとさせる
犬

おすわりでじっとさせる

お座りで落ち着かせる

犬の行動は時に突発的な場合もあります。
それによって周囲の人間や動物が混乱してしまうこともあります。
このようなことは散歩中によく起こるものですが、このような好ましくない行動に対して一度落ち着かせるために効果的な指示がお座りです。

お座りはじっと腰を下ろした状態になることです。
お座りをすることで突発的な行動を抑制することができますし、飼い主の方も落ち着いて対応することができます。
散歩中に他人や他の犬などが多くいますが、ペットとして飼っている犬が走って駆け寄ったりしようとするととても危険です。
そのために子犬の時期からお座りをさせる必要があります。

攻撃的な態度を改善させるお座り

お座りは犬を落ち着かせるだけではなく、もっと攻撃的な態度を取った時にその好ましくない行動を抑制する効果があります。
散歩中だけではなく、いろんな場面で人に対して攻撃的な態度を犬が取ることはあるものです。
ペットとして飼っている犬はこのような行動を決してしてはいけないものです。
そのため、お座りをしつけによって覚えさせ、一度座らせるようにする必要があります。

犬はいろんな性格があり、犬種によっても異なりますし、またあまり攻撃的ではない犬もいます。
しかしどんな犬でも万が一攻撃的な態度を取らないためにも、子犬の時期からきちんとしつけを行って待てを覚えさせる必要があります。
じっくりとしつけに取り組んでいけば、自然と犬の方も覚えていくものです。

褒めたりおやつで覚えさせる

待てを実際に覚えさせる時には、きちんと座れた場合にしっかりと褒めてあげることが必要です。
正しく待てができた時に、犬に対してはっきりとわかるように褒めてあげることが大切です。
犬も褒められると、また褒めてほしいためにきちんと座って待ての状態をキープするようになります。

また座って待つことができたら小さいおやつを与えるのもいいでしょう。
おやつによる方法はスムーズに待ての姿勢ができるために効果的です。