1. >
  2. >
  3. >
  4. 犬笛を使ったしつけ

犬笛を使ったしつけ

便利に使える犬笛について

ペットとして飼っている犬を時には呼んだりすることもあるものです。
しかし風邪を引いている時には、声が出しにくいですし、なかなか呼ぶことができない場合もあります。
また遠くにいる犬に対して予防と思っても声が届かないこともあります。
こういった場合に便利で役立つのが犬笛です。昔から活用されていたものですが、あまり使用したことがない方もいることでしょう。

犬笛というものは笛と同じような形をしており、吹くことで犬だけにしか聞こえない周波数の音を発することができます。
犬笛を拭くことによって遠くにいる犬にまでその音が届きます。
場所によっては2㎞程度の場所でもわかるほど遠くにまでサインを送ることができる便利なアイテムです。

使用する前の準備について

犬笛は入手しやすいアイテムですが、購入してすぐに使えるわけではありません。
あらかじめ準備が必要で、きちんと準備をしたうえで活用すれば犬に指示を出したりと、便利に活用していくことができます。
犬笛を吹いた場合音が出ないため、犬の耳に笛の音が届いたのかがよくわからないものです。
そのため何度か吹いて犬が気づくようになる笛の拭き方を習得していきます。

飼い主が上手に犬笛を吹くことができたら、笛の拭き方と指示したい内容をリンクさせ、吹き方に応じた犬への指示を飼い主がしっかりと覚えるようにします。
そうすれば複数の指示を犬笛1つで送ることができ、これまで以上にスムーズに犬に指示を出していくことができます。

実際に活用してみる

犬に対して指示や命令を出したいときに犬笛を使ってみます。
実際に犬笛を吹き、犬が正しい行動をしたらしっかりと褒めてあげるようにしてください。

また頻繁ではなく、時々おやつという報酬を与え、積極性を引き出すようにします。
この時毎回おやつを与えてしまうと、おやつなしでは命令に従わなく恐れが生じます。
そのため、時々与える程度にしてみてください。
何度か犬笛での指示を行っていけば、徐々に犬も覚えていくことができます。