1. >
  2. >
  3. >
  4. ハウスのしつけ方

ハウスのしつけ方

ハウスは覚える必要があるのか

犬のしつけはいろいろとありますが、その中の一つでハウスがあります。
ハウスは犬が覚えておくべきしつけの一つです。
ただ、なぜハウスを覚えておくといいのか、ということは知らない人も多くいます。

わたしたちは自分の部屋が落ち着く空間であり、そういった場所にいるとそれだけでかなり気持ちを整えることができます。
これは犬にとっても同じことです。
ハウスという犬にとっての居場所を作ること、そしてそこにいることができるようになると犬にとっても落ち着ける場所を家の中に作ることができるようになります。

また、犬の中にはいたずらが大好きで家の中で家具や電気コードを噛んでしまったり食べてはいけないものを食べてしまったりする犬もいます。
特に子犬のうちは好奇心が旺盛なのでいたずらも多いです。

ハウスができれば自分の部屋で過ごすことができるのでいたずらを予防することができます。
特に留守番の時には愛犬が勝手にいたずらをしないことはもちろん、いたずらをして誤飲をする心配もありません。
留守番をする際にもハウスにいることで落ち着いて過ごせるというメリットもあります。

ハウスになれていると外に出る際のキャリーバッグも嫌がらず入れるようになります。
こういったことからハウスは覚えておくべきことなのです。

ハウスを覚えさせる方法

ハウスを覚えさせるにあたっては家族の中で統一した声掛けを決めることから始めます。
同じ指示をしないと犬も混乱するので事前に家族の中でコマンドはそろえておきましょう。

次にハウスを覚えるためには犬が自分からハウスに入る仕組みを作ることが必要です。
まずはハウスの中が良い場所、興味のある場所になるようにハウスの中におやつを置くようにします。
少しずつ警戒がとけハウスの中に入ることに抵抗がなくなっていきます。

ハウスに入ることが抵抗なくなってきたらおやつをハウスの中に投げ、ハウスという声掛けをしてハウスの中に入れるようにしましょう。
こうすることでハウスの指示でハウスの中に入るものなのだという指示が通じるようになります。

ハウスの中に入ったらしっかりと褒めることも大切です。
犬は飼い主が喜ぶことがとてもうれしいです。
そのためハウスに入ったら喜ばれるという学習ができるとハウスに入ることが苦になりませんし指示が出たらハウスの中に入るようになっていきます。

ハウスの指示でハウスの中に入れるようになったら次第におやつを上げなくても自然とハウスの中に入れる習慣がついてきます。
指示だけでハウスの中には入れるようになり、なおかつそこからすぐに出てこないようになれば犬の中でハウスの指示は完全に理解できできるようになっている証拠です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です