犬

ふせの教え方

ふせを教える意味とは

犬と信頼関係を築きながら生活を送っていくためには、主従関係をきちんと理解させなければなりません。
そのために必要なのがしつけです。
しつけにはいろんなものがありますが、その中で多少訓練が必要なものも見られます。

ふせは待てに似ていますが、犬にとって楽な姿勢であり、ふせを覚えさせておけば、長時間待たせるような状態でも犬に肉体的、また精神的な負担を与えることがありません。
待てはあまり時間を要することなくスムーズに覚えさせることはできませんが、ふせは少しずつ覚えさせていく必要があります。

ふせは長時間飼い主を待つ必要があるときに、楽に犬が待てるように必要なしつけの1つです。
また落ち着きを覚えさせる効果もあります。
犬が静かに飼い主を待つようにさせていくために、布施はとても重要なしつけだと言えるでしょう。

ふせの教え方について

ふせを教えるためには、まず待てを最初に覚えさせなければなりません。
待てを覚えたのち、おやつを使ってふせを徐々に覚えさせていきます。

まず待ての状態にさせ、おやつを鼻の辺りに持っていきます。
そのままおやつを少しずつ下に下していきます。
そうすると犬もそれに合わせて顔の位置を下に下げます。

体がふせの状態になったらおやつを与えるようにします。
この状態になるまでには時間を多少要する場合があります。
しかしおやつがあることで、比較的スムーズにふせの状態を覚えていくことでしょう。
またふせの状態ができるようになったら、ふせと声掛けしながらふせをさせていきます。

ふせができるようになったら、次は場所を変えて同じことをさせていきます。
最終的にはどんな場所でもふせができなければなりません。
そのため、いろんな場所でふせができるように訓練していきましょう。

またおやつを徐々に与えないようにしていき、最終的におやつなしでふせができるようにさせていくことが大切です。
ふせができるようになれば、落ち着いて行動することができることでしょう。