1. >
  2. >
  3. >
  4. ウィペットの特徴

ウィペットの特徴

走るのが大好きなウィペット

ウィペットは無駄のない筋肉をしておりとても長い脚をもっているのが特徴です。
見るからに足が速そうですが、犬の中でも足の速さはトップクラスであり、走ることもとても好みます。

祖先はグレーハウンドといわれており、グレーハウンドにも短距離であれば負けないくらいのスピードが出せます。
元は狩猟犬としてグレーハウンドが活躍していましたが、グレーハウンドよりも小さな害獣を駆除するために誕生したのがウィペットです。

イギリスの富裕層が19世紀になるとドッグレースを楽しむようになりました。
そこでグレーハウンドは狩猟犬からドッグレースのための犬へと変化をしたのです。

富裕層だけでなく庶民の間にもドッグレースは流行ることになったのですが、グレーハウンドはとても高価で庶民には手を出すことができませんでした。
そこで注目されたのがウィペットであり、庶民の中では競走馬として活躍したのです。

ウィペットの飼育の方法

ウィペットはとても従順な犬であり飼育もしやすいです。
レースに使われてきたので集中力もとてもあり、アジリティもしつければ楽しむことができます。

ただし、とても感受性が豊かであり繊細です。
そのためしつけの中で大きな声で叱られるようなことがあるととても傷つきおびえてしまいます。
そこでしつけは怒るのではなく褒めて伸ばすことを心掛けましょう。

警戒心も強いので小さなうちからできるだけ外に出していき家族以外の人にも触れ合う機会を作ってきます。
そうすることでウィペットの社会性を身につけることができるのです。

運動をとても好み活発な犬種です。
そのため散歩は毎日必要で1回に30分程度朝晩と行うようにしましょう。
散歩で歩くだけでなくたまにはドッグランに行き思い切り走るようにすることも大切です。

かなりスピードが出る犬種であり瞬時にトップスピードまで出すことができます。
そのため呼び戻しの訓練やクールダウンの訓練は必ず行っておきましょう。

食事は季節によって量を調節することが望ましいです。
一年を通して同じ量を与えていると冬には体温維持のためにたくさんカロリー消費をして痩せてしまいます。
そのため冬は少し多めにあげるようにすることが大切です。

また体が細めの犬種ではありますが、体に触れるとあばら骨が出てきてしまっていることがあります。
そういった時には少し太らせる必要があるので食事量を増やすようにしましょう。
逆に太り気味で肉であばら骨が埋もれているような場合には少し食事量を調整します。

被毛はスムースコートで体臭もあまりありません。
そのため清潔に保つためには定期的に蒸しタオルで体を拭くだけで十分に対応できます。
抜け毛が少ないので室内で飼っても気になりません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です