犬

しつけ

犬に対して必要なしつけについて

ペットとして犬を飼う場合、飼い主と犬との主従関係をはっきりさせていくことが必要になります。
主従関係がはっきりしないと犬が好き勝手に行動してしまいますし、他人や他の動物に攻撃をしてしまうこともあり得るからです。
犬が正しい行動をしていくためには主従関係をはっきりさせますが、そのために必要な活動がしつけです。
しつけによって犬は好ましい行動はきちんと行うようになりますし、好ましくない行動についてはなくしていくことができます。

犬に対して行うしつけは様々ありますが、どれも犬と飼い主が安心して暮らしていくためには欠かせないものばかりです。
その中で最も基本的なのがお手です。
簡単に指示を与えることができますし、犬にとっても最も簡単なアクションなので、しつけの最初に覚えたいものです。

またお手の次に覚えさせたいのが待てというしつけです。
犬種によっては落ち着かない行動をするタイプもあります。
そのため、興奮を抑え、一度冷静になるためのきっかけとして待ての命令をする必要があります。
待てをすることで静かに待てるようになっていきます。
このしつけも非常に重要です。

もっと覚えさせたいしつけのあれこれ

しつけの基本となる命令がお手と待てですが、これ以外にもいろんなしつけがあります。
それぞれ目的がありますが、覚えさせていくことで飼い主との信頼関係も深くなっていきますし、落ち着いて犬が行動して行けるようになります。

例えば1匹だけで静かに留守番をさせる、トイレを適切に使用するといったことは覚えさせたいしつけです。
このサイトではそういった生活で必要なしつけについてまとめています。
これらの内容を実際のしつけで活用すれば、犬のしつけもスムーズにできることでしょう。

>>お手はしつけの基本
>>待てを食事でしつけする
>>おすわりでじっとさせる
>>ふせの教え方
>>噛み癖を矯正したい
>>いい子に留守番させる
>>トイレのしつけのコツ
>>番犬を育てたい
>>犬笛を使ったしつけ