食事の種類

犬にはドッグフードが適切

犬をペットとして飼う際には健康管理を飼い主がしっかりと行う必要がありますが、その基本となるのが毎日の食事です。
毎日の食事が適切で健康的なものであれば、犬は日々安心して暮らしていくことができるものです。

犬に与えるべき食事はいろんなものが考えられますが、避けなければならないのが人間が食べる食事です。
昔ではよく夕食の残りを犬に与えていたものですが、人間の食べる食事は塩分が多いですし、犬に与えると健康を損ねるような食材も含まれています。
そのため、人間用ではなくペット用の食事を犬には与える必要があります。

犬に与える食事で適切なのはドッグフードです。
ドッグフードは犬の健康を考えて作られており、栄養のバランスも考慮に入れているので、犬の健康を損ねる心配がありません。
ただドッグフードもいろんな種類の商品が販売されており、選択に迷ってしまいがちですが、飼っている犬の好みや年齢、大きさなどに応じて正しく選択をする必要があります。

子犬用と成犬用のドッグフード

犬に対して与えるべき食事はドッグフードですが、商品によって子犬用と成犬用があります。
子犬の時期には子犬用の商品を選択する必要があります。

子犬の時期は成長段階ですが、この時期にはたんぱく質をしっかりと与える必要があります。
子犬用のドッグフードは動物性のたんぱく質と脂肪が多めに配合されているため、成長期の子犬には適しています。
それに対して成犬用は子犬用よりも動物性たんぱく質や脂質が多少少なめになっています。
そのためヘルシーで肥満になりにくいメリットがあります。

ドッグフードは傾向が変わってきており、より健康志向になっています。
犬の健康のために添加物が配合されていないもの、オーガニック原料を使用しているものなど、品質がより高い商品も見られるようになりました。
商品の選択では、犬の健康のためにできるだけ体に負担がかからない商品を選びたいものです。