1. >
  2. >
  3. >
  4. 理想的な飼い主になるには
犬

理想的な飼い主になるには

厳しいしつけができる飼い主になる

犬はその可愛い表情と忠実な態度が愛しい存在ですが、それだけについ過保護に飼育しがちになってしまいます。
過保護すぎる飼い方をするとわがままな行動を取ったり、飼い主の言うことを聞かなくなってしまいます。
自由に行動をするようになるため、こういった育て方はするべきではありません。
飼い主としては、ペットである犬と信頼関係を維持しつつ安心して暮らしていくために、厳しいしつけを時にはしなければなりません。

しつけは単に家庭内で無駄吠えをしない、好ましくない行動をしないというだけではありません。
散歩の際にすれ違う他の犬や他人に対して吠えたり攻撃的な態度を取らないためにも行わなければなりません。

しつけについては子犬の頃からしっかりと行うことが必要です。
ただ犬種によっては単に厳しくしつけることで神経質になってしまうことがあります。
そのため、犬種に合った方法を採りながら、しつけを行っていくことが必要です。
褒めることでしつけられていく犬もいるため、臨機応変な態度でしつけていくようにしたいものです。

ペットの健康管理をしっかりと行う飼い主になる

ペットを飼育する飼い主にとって、犬の健康管理は毎日行っていく必要があります。
ペットの健康を守ってあげなければ、急に病気になったりしてしまいます。そのため、日々健康について管理を徹底することが重要です。

ペットの健康を維持するためには何よりも食生活が重要です。
犬には犬専用のドッグフードを適量与えます。ドッグフードはいろんな商品が販売されていますが、犬の好みや年齢、大きさなどを考慮に入れて、できるだけ安心な原材料を使用した商品を選択することが大切です。

また犬のブラッシングやトリミングも必要です。
ブラッシングは多くの犬種で必要ですが、皮膚炎の予防や清潔を保つために定期的に飼い主が行う必要があります。
さらに毛が長い犬は、トリミングを定期的に行う必要があります。

さらに犬によっては先天性の疾患を持ちやすいものもいます。
体調の変化に常に敏感になり、万が一の時にはすぐに動物病院に連れていくようにしなければなりません。
このような点について、飼い主がしっかりと対応することが理想です。