1. >
  2. >
  3. >
  4. ドッグランの利用の注意点

ドッグランの利用の注意点

しつけなどを守って楽しく遊ぶ

家庭の中で飼育されている犬も多くなっており、なかなか散歩以外で思いっきり遊ぶことが難しい環境にある家庭も実際に多くあります。
そんな中でも時には犬が思いっきり走ることができる場所に連れて行ってあげることは、飼い主にとって必要とされることです。

犬がリードがなく走ったりすることが可能な場所がドッグランです。
安全な環境の中で楽しめる場所になっているため、犬を飼っている方に人気となっています。
ドッグランは犬が遊ぶ場所としてふさわしいものですが、ただ他の犬や飼い主も多くいるため、暗黙のルールがあります。

ドッグランで遊ぶ場合には飼い主はしつけをしておく必要があります。
「待て」「だめ」などの指示に対して的確にこたえるようにしつけることが必要です。
公共の施設のため、他の犬に迷惑をかけてはいけません。
そのため、しつけをしっかりしてから遊ばせるようにしたいものです。

ドッグランの概要について

ドッグランではリードなしでも犬を放して自由に遊ばせることができます。
また飼い主が休憩をすることができるスペースも多くのドッグランで設備されています。
ただ場外ではリードを付けた状態で移動をしなければならないため、ドッグランに向かう際には必ずリードも用意しておく必要があります。

ドッグランは無料の場所もありますが、有料の場所もあります。
有料の場所では様々な設備が整っていることもあります。
そのため、飼い主にとって快適に感じられる場所を選択するといいでしょう。

ドッグランは自由に犬が走れる場所ではありますが、途中で犬がうんちをすることもあります。
こういった場合には速やかにうんちの処理をしなければなりません。
そのためビニール袋など処理に必要なアイテムをあらかじめ用意しておくと安心です。

ドッグランを使用する上でのルールを守りながら楽しい時間を過ごすことで、犬の運動不足にもなりますし、またストレス解消にも役立ちます。
さらに他の犬との交流を図るため、社会性を身に着ける意味でもとても意味のある施設となっています。